スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

イラ菅首相は「頭が切れすぎ」=鳩山氏(時事通信)

 鳩山由紀夫首相は5日午後、都内の東京工業大学で理工系の大学院生らを相手に講演した。同大学は、菅直人新首相の母校。鳩山氏は「私よりも10倍も1000倍も頭の切れる方」と菅氏をまずは絶賛。続けて、「イラ菅」と呼ばれる「切れやすい」性格にひっかけて、「頭が切れすぎる」と指摘し、「次の首相に向かって何を言ってるんでしょうか」と述べると、会場からどっと笑いが起きた。 

【関連ニュース】
【特集】迷走!普天間移設~鳩山首相が退陣~
鳩山首相が漏らしていた「辞意」
〔写真特集〕鳩山首相、苦悩の1カ月
新首相でも普天間解決困難=谷垣氏
菅氏になりすましツイッター=民主が注意喚起の文書

佐世保小6同級生殺害 命の重み、忘れない…事件から6年(毎日新聞)
ポスト鳩山は菅副総理最有力 「小沢離れ」志向か(J-CASTニュース)
渋谷センター街のHMV、8月閉店(スポーツ報知)
<野口宇宙飛行士>あす帰還 通算177日滞在、日本人最長(毎日新聞)
葬儀業者から「心付け」大阪市が10人懲戒免職(読売新聞)
スポンサーサイト

消費者物価、1.5%下落=14カ月連続マイナス―4月(時事通信)

 総務省が28日発表した4月の全国消費者物価指数(CPI、2005年=100)は、価格変動の大きい生鮮食品を除く総合指数が前年同月比1.5%下落の99.2だった。マイナスは14カ月連続。同月に始まった高校授業料無償化が0.54%の下落幅拡大要因となっており、これを除いたベースではマイナス幅の縮小傾向が続いた。
 5月の東京都区部CPI(中旬速報値)は生鮮食品を除く総合指数が98.8となり、1.6%下落した。 

【関連ニュース】
物価、3年ぶりプラス=11年度予想、0.1%に上方修正
消費者物価、最大の下落=マイナス1.6%-09年度
政策金利、据え置きへ=物価見通しを上方修正
景気・物価見通し上方修正へ=11年度CPIゼロ%以上も
「デフレに白旗揚げてない」=金融緩和維持を強調

公然わいせつ容疑でハプニングバー経営者ら逮捕 大阪・北新地(産経新聞)
今、マイホームの買い時だと思いますか?(Business Media 誠)
琴光喜関を事情聴取=野球賭博疑惑で―警視庁(時事通信)
浦安市がファミリー部門2位に 世界の人気観光都市(産経新聞)
両陛下、パラリンピック入賞者ら招き茶会(読売新聞)

宇宙から帰還の「神秘の種」芽吹く 若田さんと無重力の旅「山高神代桜」(産経新聞)

 平成20年打ち上げの米スペースシャトル「エンデバー」で、宇宙飛行士の若田光一さんと8カ月間、無重力空間を旅した山梨県北杜市武川町の日本三大桜「山高神代桜」の種が今月上旬に芽吹いた。地元の中学生が一昨年採種し、市職員時代から根の蘇生(そせい)や保護に25年間携わっている三枝基治さん(60)が宇宙帰りの種を大事に育ててきた。三枝さんは「古木の桜の子供が芽を出したのは神秘でしょう。無重力に置かれていた影響は分からないが、芽が出ていないほかの種にも期待したい」と喜んでいる。開花は早くて7、8年後という。

 「雑草じゃないよなと何度も確かめた。これまでの経験から、見ればすぐ何の芽か分かるはずが半信半疑だった」

 種2粒の芽が出たのに気づいた今月4日夕、“ベテラン”の三枝さんもさすがに興奮したようだ。芽は17日現在で背丈3、4センチ程度に育っている。

 雑菌を避け、腐らないよう、朝晩2回の水やりや日照、殺菌効果のある杉の葉でポットの土を覆うなど気を配ってきた。4月に雪が降るなど天候不順だったこの春、三枝さんは「一時はもう芽吹かないかもと気をもんだ」と話す。

 大きめのポットに8月に移し替え、根を張らして幹を大きく育てるため、来春には定植させたいという。

 市立武川中学2年の生徒が山高神代桜のある実相寺で採種したのが武川小6年だった20年6月。4100回近くも地球を周回して無事に戻った種のうち、研究機関への提供用を除く118粒を同じ生徒たちが昨年8月、フラワーポットにまき、三枝さんが預かって管理していた。

 山高神代桜は樹齢2千年といわれるエドヒガンザクラで、平成18年の計測で根元の幹周りは11・8メートル。大きさや古さから、大正11(1922)年に国の天然記念物に指定された。

【関連記事】
間もなく満開 日本最古の山高神代桜
“宇宙桜”開花待つ 無重力の旅から無事帰還
宇宙生活の“クマ”公開 羽田空港、若田さんと滞在
どこか違う?「宇宙カボチャ」 初収穫、種は全国の小学校に
日本人搭乗 最後のシャトル 有人技術の基礎確立 物資輸送・科学実験・船外活動
中国が優等生路線に?

57歳元税理士、元妻の連れ子の女子高生と勝手に婚姻届(スポーツ報知)
<殺人>交際相手の女性を遺棄 会社役員を容疑で逮捕 京都(毎日新聞)
伊丹から上海にチャーター便 ひょうごツーリズム協会(産経新聞)
化学工場元所長ら書類送検=業務上過失致死容疑-4人死亡の爆発事故・大阪府警(時事通信)
普天間問題で首相「最初から厳しい状況は分かっている」(産経新聞)

「宇宙滞在」の種子、紛失か=山崎さんシャトルで回収後(時事通信)

 宇宙航空研究開発機構は13日、国際宇宙ステーションの日本実験棟「きぼう」で約9カ月間保管された大豆やトマト、パンジーなど9種類の種子が、山崎直子さん(39)が搭乗した米スペースシャトルで地上に回収された直後、所在不明になったと発表した。
 この種子は科学技術分野の教育事業などを行う企業「リバネス」(東京都新宿区)が宇宙機構と契約し、費用を払って「宇宙滞在」させたもの。
 宇宙機構によると、米航空宇宙局(NASA)側がシャトルの荷物を開けた際に所在不明になったとみられ、捜索を要請している。きぼう関連事業で実験品などが所在不明になったのは初めてという。 

【関連ニュース】
〔特集〕日本人宇宙飛行士の軌跡
〔写真特集〕国際宇宙ステーション
〔写真特集〕宇宙の神秘 コズミックフォト
山崎さん、16日に一時帰国=10日間滞在、千葉で報告会
野口さんが宇宙授業=子供ら6人に

もんじゅ再開に批判も=反対派が抗議集会-福井(時事通信)
ジェイテクト、井川副社長が順当に社長昇格(レスポンス)
桟橋方式に否定的=国民新・亀井代表(時事通信)
ジョニー・デップ、来日決定!ただし日本滞在時間は最大で15時間!分刻みで行動
闇サイトから偽保険証、郵便局から貸付金詐取(読売新聞)

【近ごろ都に流行るもの】古着交換会 買わないオシャレ(産経新聞)

 着ないけど捨てられない、クローゼットからはみ出す服をスッキリさせたい! そんな悩みを解消。その上、気に入った服や小物をタダでお持ち帰りできる古着交換会「xChange(エクスチェンジ)」が広がっている。

 18日、東京・代々木公園アースデイ会場の一角に行列ができていた。FMラジオ局のJ-WAVEが、番組DJでもあるxChange主宰者・丹羽順子さん(36)とタイアップした古着交換会だ。

 英国の大学院で環境問題を学んだ丹羽さんは「“買わないオシャレ”で大量消費社会を見直してほしい。安いから、かわいいからと新たな服を買い続けることが、地球に過大な負荷をかけている現実に気付いてほしい。農薬や化学染料による汚染、途上国の児童労働などさまざまな問題とつながっています」。3年前から通算50回ほど実施。「買う場合は長く使えて人に譲れる良いモノをと、自然に選ぶようになりました」

                   ◇

 とはいえ会場に堅苦しさは皆無。持ち込めるのは「誰かが喜んでくれそうなもの」で、洗濯は必須だ。私は、購入後の激太りで一度も着ることのなかったパーティードレス2着を持参。1着は米国ブランドのセールで、もう1着は旅先のバンコクで手に入れた-という由来を指定のタグに記入してラックにつるすと、数分後には両方もらわれていた。わが子が無事旅立ったようでホッとする。

 6千人もが来場したこの日は、会場を一回りする度にモノが入れ替わる高速回転。そのなかでお宝発見! 頑丈で品の良い上質なサンダル。タグにはキレイな字で「クレジュリーの靴。ハイヒールをはかなくなりましたので、お気に入りですがおゆずりします」。おめでた? などと事情を想像しつつ足を入れるとピタッ! 靴のお古という発想はなかったけれど、ありがたく頂いた。

 この「エピソードタグ」を付けることで、手放す人と受け取る人がつながり、不要品が物語性を帯びてくる。「角度を変えれば違う価値が生まれる。そこが面白い」とは、J-WAVE編成部長の久保野永靖さん(45)。「ビジネスイベントではなく、環境型の新たなライフスタイルや価値観を発信したかった」と狙いを語る。社員らも交換に参加。もらいたてのジャケットをタグ付きのまま着て「似合う~!」の喝采(かっさい)を浴びる男性など、大いに盛り上がっていた。

 人に喜ばれそうなものを提供し、お返しに本当に欲しいものだけ持ち帰る、良心を前提に成り立つ交流の場。だが、物欲にかられた一部の不届き者が場を荒らすことも。「そういう人こそ排除するのでなく、丁寧に趣旨を説明し、考えをチェンジしてもらう機会にしたい」と丹羽さんは前向きだ。

                   ◇

 活動に共感が広がり、独自に開催する人も増えてきた。明治学院大学4年の加藤梨沙さん(22)は昨秋、xChangeのファッションショーを開いた。「古着交換というとオシャレではないイメージがありますが、ショーを通じて十分オシャレが楽しめること、消費以外の選択肢があることをみんなにも知ってほしかった」という。ファッション命の女子が「地球や途上国の人を犠牲にし、自分の都合だけで楽しむことが本当のオシャレなのか」と自問している。

 オシャレとは装いのみならず生き方に表れるもの。スマートで温かで行動的なこんなオシャレ人たちが、社会を変えていきそうだ。(重松明子)

JR脱線5年 追悼慰霊式(産経新聞)
<子宮頸がん>早期予防 島根県邑南町、中学生女子のワクチン接種を全額補助(毎日新聞)
切り札・仕分け第2弾、「政治ショー化」懸念も(読売新聞)
<11年度予算>民主の追加公約で1兆円増額の可能性(毎日新聞)
<雑記帳>保存食「鮨鮒」 140年ぶりに復活 長野(毎日新聞)
07 | 2017/08 | 09
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

はまざきみひつろ

Author:はまざきみひつろ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。